新しいラーメンの分類

新しいラーメンの分類

ラーメンには、味噌、豚骨、塩、しょうゆなどの味がありますが、全国にあるラーメン店ではこれらの味がよく食べられていて、最近では、つけめんも加わります。日本人の国民食とも言えるものですが、どこに行っても大抵は、美味しいものが食べられますね。

 

いろいろな味のラーメンがありますが、しかし、よく考えてみると、豚骨以外の味というのは、すべて調味料から作られているということがわかります。なので、最近では、以前のような分類法をつかうのではなくて、味をダシで分類するというということがいわれていて、魚介、ダブルスープ、豚骨、牛コツ、鶏ガラというような感じで、ダシの種類が何なのかということで、スープを分類するようになってきています。

 

そして、ここに調味料が加えられてスープがつくられるのですが、具体的には、「魚介・塩」、「豚骨・しょうゆ」というような感じで、表現されます。最近は、その中でも豚骨と魚介のダブルスープがつくられることが多く、やはり豚骨はスープに使うと、風味がでておいしいスープが作れて、人気であるそうです。

 

ZENTA株式会社