アジの干物とは

アジの干物とは

日本食の中で、庶民の味方とも言えるのが、アジの干物で、日本人にとっては、誰にとっても、かなりなじみ深いものです。アジの干物は、美味しい上に値段も安いので、米や味噌汁と同じように、日本食としては、欠かせなく、非常に重要なものです。

 

普通の家庭では、このアジの干物がよく出てくるので、恐らく、このアジの干物を食べたことがない日本人はいないと思います。さらに、民宿なんかに泊まって、翌日に出てくる朝食というと、アジの干物が真っ先に連想されますよね。

 

刺身やなめろう、また、アジのたたきなどが、アジの食べ方ですが、ほとんどは、新鮮なアジをそのまま食べる食べ方です。なので、生で食べると、一番おいしく食べられるというのがアジなのですが、しかし、天日で乾燥させ、さらに風を通してつくる干物は、生で食べるのとは、また大きく異なる味わいが出てきて、愛されています。骨際の部分の身がアジの干物では、一番美味しいとも言われています。干物にすることで、味自体が、非常に濃厚になるということで、アジのうまみ成分が濃縮されるようです。