新潟名物へぎそば その3

新潟名物へぎそば その3

へぎそばをはじめて食べたのは、もちろん新潟を旅行していたときのことだったと思います。新潟県内には、へぎそばのチェーン店も存在していて、その中の一店舗が、「小鳩屋」でした。

 

へぎそばの味と食感は、それまで親しんでいた日本そばとは全く異なったものでした。それは少なからず、私を驚かせました。へぎそばはつなぎにふのりが使われていて、少し磯の香りがし、口当たりがつるつるとしてなめらかなのが特徴です。そのほかに、薬味も通常の日本そばとは違います。へぎそばには、薬味として和辛子が用いられます。磯の香りのするへぎそばには、なぜか和辛子が合うのです。

 

ここでハマった私は、その後、有名な個人店をめぐるようになりました。十日町で訪れたとある店が、私にとってはベストでした。今でも、人に紹介することがあれば、ここの店を紹介するのですが、あまり混んでしまうと困るので、ここでは紹介しないことにします。

 

へぎそばは、馬の蹄の形に一口ずつ盛り付けてあります。こうすることで、食べやすさを確保するのと同時に、時間がたってもそば同士がくっつきにくいのです。

 

リリーズクローゼット
代官山 子供服