国産と外国産のアジの見分け方

国産と外国産のアジの見分け方

大きさと形というものを見ると、外国産のアジと、日本産のアジを見分けることができます。干物に使われるアジの約7割は外国産のものなのですが、まず、簡単な見分け方としては、外国のものは大きく、細長いものが多くあります。対して国産のものは小ぶりで丸みを帯びています。

 

こうしたことがアジの見分け方であるのですが、しかし、イギリス近海やポーランドの外国産のものは、普通の外国産のアジと違っていて、小ぶりなものも多いとのことです。

 

静岡の沼津市はアジの干物が一番多く生産されているのですが、アジなどの干物が道沿いを多く覆い尽くすのは、かなり圧巻です。アジの干物をよく作るということで、
沼津の港の近くは魚のにおいが、かなり強烈に漂っています。

 

初めは慣れないものですが、しかし、慣れてくると、そのにおいが何とも言えない良いにおいとなってくるそうです。そして、沼津では独自の塩汁が開発されているのですが、なぜ、沼津では、アジの干物が多く作られるのかというと、これは富士山の雪解け水がよく集まるとのことで、このきれいな水を利用することができるからとのことです。

 

ピラティスの効果