塩汁と外国産のアジ

塩汁と外国産のアジ

「塩汁」というものがあり、これは干物を作る前に漬け込む塩水です。干物を生産している業者は、それぞれの段階で使う塩汁をもっていると言われていますが、これが干物の味の決めると言われています。

 

しかし、これは季節や天候などによって、漬け込み時間や濃度などを細かく微調整しなければいけないので、扱いが難しく、素人が扱うのはかなり難しいようです。というのも、この塩汁の加減を間違えてしまうと、味や香りに影響が出てしまい、魚の臭みが強くなってしまったりします。なので、非常に重要で、難しいものです。

 

日本のアジの漁獲量は減少していて、ノルウェー、オランダやアイルランド、から輸入されていて、日本全体の中の20%程が、輸入されています。しかし、元々、アジの漁獲量は高いものですが、干物に使うアジは、7割が外国産であるとのことで、ほとんどのものは外国産のようです。

 

これは、外国で獲れたものは加工用として使いやすく、近海で獲れたものは、鮮度が良い為に、刺身やたたきとして食べられることが多いので、すぐにスーパー等に出されることが多いとのことです。

 

ホストの求人は大阪で!